クルマの保険や税金など、自動車と車の知識へ
トップページ クルマの個人売買個人売買の不利益って?


個人売買の不利益って?

個人売買で車を売る場合の不安や不利益を被る可能性など。

購入者探し

個人売買を利用して車を売りたいなって思う方は意外と多いかもしれないです。

しかし個人売買で車を買いたいという方は少ないのが現状です!

売却する車の車種や状態などによっても購入者探しの壁は違いますが、車の買取のように直ぐに売買契約を交わして、購入代金を支払ってもらうみたいな短期間での売却が難しいです。

また支払いも現金一括に限られるので、支払い面での壁もあり。

分割払いにすることも売却側が了承すれば可能ですが、不安ですよね!

残債

購入時のクレジットやローンが残っていて、車の名義がクレジット会社などになっている場合、手続きが面倒になります。

このような場合は、購入者探しの壁が非常に高くなります。

名義変更

確実に名義変更してもらえるか心配ですね。

特に2月~3月にかけての取引だと名義変更が遅れたり、意図的に名義変更されなかった場合には自動車税の通知が届くことに。

※自動車税は、4月1日現在の自動車の所有者・使用者の方に課税されます。

そうなると購入者へ納付書を送付したり、支払いの催促をするなど面倒な作業が発生します。

また名義変更前に交通違反や交通事故があると厄介です。

クレーム

正当なクレームに対しては真摯に対応しなくてはなりません。

新車で購入した車であれば、正確に車両の状況を伝えさえすれば問題となることはないと思いますが、中古で購入した場合で、売却側の把握していない修復歴やメーターの改竄などの履歴が、車を引き渡した後に発見された場合は厄介なことになるかもしれないです。

ノークレームとして売買した場合でもです。

また言いがかり的な悪質なクレームで、売買代金の返却や減額を要求してくることも無いとも言い切れません。

<< 個人売買の状況個人売買の利益って? >>